週刊少年ジャンプ展vol2レポート

3月17日週刊少年ジャンプ展vol2の先行公開にまた当たったので行ってきました
http://shonenjump-ten.com/

会場に入る前ジャンプ図書館に行き感動しました
https://www.shonenjump.com/j/sp_toshokan/
入っただけでジャンプの歴史の重みを感じました
おかげで秋本先生のコミックス無収録作品を読むことができました
(あの星逃田の回も)
スタッフの方にどうやって手に入れたか聞いたらジャンプ編集部が必死になって集めてくれたとのことです
3月26日までなのでお早めに

会場の展示物は前回同様懐かしさを感じました
そして今回は前回と違って一か所のブースでまとめてではなく各その漫画のコーナーごとにモニターが置かれそれぞれのアニメのOPを流してました
確かにこれなら一回でなく何回か見たいOPがあったらこのほうが見やすいのでいいですね

われらがこち亀のブースは狭くて残念と思ってたら真ん中の90年代の流行等を振り返るコーナーで大活躍してました
さすがこち亀
やはりその時の流行を敏感にキャッチして紹介してくれる少年ジャンプにはなくてはならない漫画だったのです

最後のブースで2000年代や現在活躍している漫画家さんたちの90年代に描かれた漫画が紹介してあり驚きました「この作家こんなのも描いてたんだなぁ」と
(どの作家さんのどんな作品が展示してあるかは見てのお楽しみ)

隣のカフェでコラボメニューがあり食べてきました
http://thesun-themoon.com/
https://art-view.roppongihills.com/jp/cafe-restaurant/news/2018/03/1048/index.html
コースターが欲しくてついつい食べ過ぎてしまいました
その漫画ごとのイメージしたメニューを見ながら食べるのはとても楽しくおいしかったです

あの頃ジャンプを読んでいた人たち必見です!!
いやがおうにもvol3の期待が高まります
(このころ読んでない若い人たちはvol1で自分が昔の作品を見て思ったように「あの頃こんな作品があったんだなあ」「あの頃そうだったんだなあ」と楽しめると思います、先ほど書いたように「この作品の作家こんな作品も前に描いてたんだなぁ」とも)
帰りに漫画喫茶に立ち寄り週刊少年ジャンプの作品を確認したのですが2000年代からの作品も結構あり、それらのブースが早く見たいです
(ワンピースとか90年代終わりごろからの作品でも2000年代のほうが掲載が長い作品は今回展示してませんでした、vol3で扱うものと思われます)
2000年代以降のこち亀も含めて今から楽しみです
今回のジャンプ図書館のような企画もおそらく出てくると思うのでそれもどんなのが出てくるか期待してます

ジャンプ展のほかにも50周年企画もまだまだ続きそうで期待が持てます
それに応じてこち亀の企画も何か出てこればと期待してます

ちなみにvol1の時の紹介記事
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/4811017.html



あれから7年・・・

あの忌まわしい大震災、原発事故からもう7年である

今年の初めから汚染土壌を詰めた除染袋が閉められてないものが見つかり雨水が汚染水として流れてしまうかもというとんでもない問題が発生
作業員の危険手当割り増し分が4月から「労働環境が改善された」としてなくなり給料が減らされるとか
強制避難で精神的に追い詰められ自殺した102歳の男性の裁判で因果関係が認められたとか
いやな意味でもこの問題風化しそうにない・・・















この震災や原発以外にも今年は嫌なことが起きた
「はれのひ」の業務停止により多くの成人女性が成人式で晴れ着が着れず一生の思い出を台無しにされたというとんでもない事件が今年の初めに起きてしまった
小学三年生の女児を殺害したのが保護者会長だったという事件も起きた
仮想通貨で500億の流出事件なんてのもあり20代の社長は返済するといってるのだが・・・
公立にもかかわらず銀座の小学校の制服をアルマーニにするというバカな校長が出てきた
野村不動産の違法な裁量制によりサービス残業を強制させられた社員が自殺し、約600人に違法適用されてたことが発覚
冬季五輪でも北朝鮮の異様な応援や介入が気になった
韓国の業者に「フィギュアの一番いい席が取れる」と日本の旅行会社が騙され代金を支払った客も被害を受けたなんてのもあった(あまり話題にならなかったが・・・)

原発問題はこれからも風化しないようにしていかなければと思う
とはいっても自分はこのブログもう区切りをつける時、引き際かもと思っているのでここでこの問題を書くのはこれが最後かもしれない
来年の3月の終わりがそのころ合いかもしれないなあと思っている
(よっぽどのことがあれば続けるかもしれないけど)
こち亀も連載終了から二年がたとうとしてるしジャンプでももう記事がなくなってきて取り上げることが少なくなってる
ジャンプ50周年の展示会も行こうと思ってるが(こち亀があるし)この盛り上がりも(自分の中では)今年だけだし
自分でも寂しいし未練がましいが終わらなければいけないことはちゃんと終わらさねばならぬのでどうしようもないししかたがない・・・

あと約1年よっぽどのことがなければそこで締めくくらなければならない
とはいってもこのブログが更新されなくなっても世間では大した問題ではないだろうが

もう二年目

新年あけましておめでとうございます

いつも大みそかに書くのにボーとしてて忘れてしまいましたすいません・・・

秋本先生が紅白の審査員をしてもう一年過ぎたんですからほんと早い

今年はジャンプ50周年の年
ジャンプ展楽しみにしてます
こち亀展もまだやるのだろうか・・・・

こち亀も何かイベントとかあればいいのだがもう厳しいかも・・・

さてさて今年一年どうなりますやら

はや1年、もう1年(でも結構しつこい・・・)

こち亀が連載終了して1年がたった
思ったよりも自然にというか、あっさり過ぎてしまった
年のせいかつい最近のことのように思えてしまうくらい早かった

まあこち亀展やってたしジャンプ50周年のジャンプ展もあったし
それに月一ぐらいで秋本先生の作品が楽しめたのでそこまではさみしくなかったし
なんだかんだ言っても自分が未練残してたのかもしれないし

…なんて思ってたら
27時間テレビでアニメが出てきたし(とはいっても本当のゲスト出演程度だが)
今週号のジャンプで新作が掲載されたし
こち亀展が青森で年をまたいで開催されるし
それに来年ジャンプ展のvol2,vol3でもこち亀は出るだろうし

確かに大阪以外に西や南でこち亀展やってないのでまだ続くのかも
こち亀の新作も連載は終わったが間をおいての新作掲載はまだこれからもあるみたいだし

自分が「区切りをつけなければ」と思ってるのだが、こち亀のほうが結構しつこい
自分が未練たらしいのも確かにあるが節目がなかなか付けられない

確かに連載が終わっても何らかの形で残って楽しませてくれるのはうれしいことなのだが・・・

週刊少年ジャンプ展vol1レポート

7月15日週刊少年ジャンプ展vol1の先行公開に当たったので行ってきました
http://shonenjump-ten.com/
やはり見ていて思ことは「ああ、こんな作品あって読んでたなあ」というなつかしさでした
それと昔の作品では「こんなのもあったんだなあ」と、まさか「はだしのゲン」までそうだったとは・・・
それと「今ではこんなこと描いたら問題になるだろうな」というものもあり時代の変化も感じました、あの頃はこんな風だったんだなあと

作品別作家別の原画に加え当時売られてた玩具やグッズも展示してあり本当に懐かしかったです
作品に応じてのマッピング映像や再現模型等もなかなかの出来でした

こち亀のコーナーでもこち亀展には出てなかった原画等も公開してありなかなかのものでした

一番感動したのはアニメのOPを連続して上映しているコーナーです
これだけの懐かしのアニメのOPを見る機会はなかなかありません、思わず見入ってしまいました
本当にあの頃はジャンプに夢中で(娯楽のすべてといっても過言でない)それに伴いジャンプのアニメもよく見てたなあと

あとHONDA FITとのコラボ企画もあったのでそこにも行ってきました
http://www.honda.co.jp/Fit/shonenjump/
本当の車に乗ってジャンプの映像の中を走るのはなかなか良かったです

あの頃ジャンプを読んでいた人たち必見です!!
来年のvol2、vol3もです(このころ読んでない若い人たちは今回自分が昔の作品を見て思ったように「あの頃こんな作品があったんだなあ」「あの頃そうだったんだなあ」と楽しめると思います)
90年代や2000年代以降のこち亀も含めて今から楽しみです
今回のFITのようにコラボ企画もおそらく出てくると思うのでそれもどんなのが出てくるか期待してます
それに会場のすぐ近くの(というか開催しているビルの)森ビルのスカイデッキの景色も開放感もありいい眺めでした

正確には来年がジャンプ20周年、ジャンプ展に伴いこち亀の企画もまだまだ続きそうで期待が持てます(どこかで区切りをつけなくてはとも思ってますが・・・)

[新作]「こち亀」内容別検索集「亀事苑」FINAL

「こち亀」内容別検索集「亀事苑」FINAL
1944円/ポイント10%
「こち亀」を内容別にわかりやすく表にした物に、「入れておけばよかった」と後から後悔した項目等を追加したり見直したりして間違った所を訂正してさらに200巻までの内容分等を加えこれでFINALとしました
同人誌その他作品形式画像(JPEG)PDF同梱

おことわり(重要)

こち亀公式ホームページに載っているこち亀全話検索サイト「亀辞苑」とこのサークルで以前より販売していた「こち亀」内容別検索集「亀事苑」との関係は一切ありません
こち亀公式ホームページとうちのブログとの関係やつながりは一切ありません
ご了承ください

このブログやうちがDLサイトで販売している「こち亀」内容別検索集「亀事苑」は私的に行っているものであり
集英社や秋本治先生に公的に認められたものではありません
お間違えないようご注意ください

販売終了と販売予告の報告

「こち亀」内容別検索集「亀事苑」FINALをDLサイトに販売依頼しこち亀展名古屋開催の4月14日(金)発売予定です
よろしくお願いします

それに伴い「こち亀」内容別検索集「亀事苑」2013増補改訂版の販売を終了させていただきます
ご了承ください

あれから6年

あれから6年、残念ながらこの後も様々な問題が出てきてこの話題が時とともに人々の関心が薄れていくことはいがめない
・・・と思ってたら
最近原発から逃れてきた避難者の子供のいじめ問題が話題になっている
こないだ「除染に従事すればビザが延長される」とだまして難民申請中の外国人をだまして働かすという悪質行為が発覚した
人の世は悲しい・・・












自分は今でも原発は反対
この話題が少しでも風化しないように
自分も忘れてしまわないように
そしてもうこれ以上犠牲者が増えないように

(2017.4.3 追記)
本来作業員に支払われるはずの危険手当のピンハネまで発覚した
他にも何か出てくるのでは・・・

(2017.6.10 追記)
作業員の被ばく
除染費の領収書改ざんまで
いったいどこまで出てくるやら・・・


祝!秋本治先生文部科学大臣賞受賞!!

今日の朝刊で知りました
めでたいかぎりです

40年間の連載の偉業が認められた結果です

本当におめでとうございます
これからもお体にお気をつけて
作品一覧
こち亀を全巻買うか迷っている方
こち亀全巻をもてあましてる方
こち亀のあの話がどこに載っているか知りたい方
必見です!!
今すぐ上の「作品一覧」の中の「こち亀内容別検索集「亀事苑」」をクリック
詳しくは販売ページで
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

大変申し訳ないのですがヤフー知恵袋を利用制限され使えなくなってしまいました 一応自分のページを残してありますが回答をリクエストしても答えられないのでご了承ください
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
サークルプロフィール
タグクラウド
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
ゲームニュース
J-CASTニュース
  • RSS
  • Dlsite blog