地下鉄サリン事件から20年

あの事件からもうそんなになるのかと改めて痛感した
時のたつのは早いものである

それでもあの教団が名を変えたり分裂して独立したりして勧誘したり活動したりしてるのが恐ろしい
中でも若い女性が多いとか勧誘方法は当時と変ってない気もする
確かにあの事件の時物心ついてなかったり生まれていない世代も出てきたが恐ろしい事件ということや洗脳の危険性は知ってなければいけないような気がする
くしくも現在イスラム国がインターネットなどを使って世界中の若者を勧誘しており、それに誘われて入ってしまう人もいることが問題になっている
いつの世もやること起こることは同じということか

151巻4話で男祭りを起こしてクリスマスを潰そうとしている
169巻4話で花見を全国的に広めてしまっている
クリスマスの時はもてないことに不満を持っている男達だし
花見の時は春闘などに便乗して働きすぎな日本人を洗脳してしまっている
世の中や身の回りの不満や(若者の)自己の能力の限界や将来の不安をあおって救いや逃げ道のようにして勧誘するのは実際の宗教団体やセミナーとかと同じような気がする
そこに入れば自分が変われるんじゃないかとか救われるんじゃないかとか
(その頃の「ゴー宣」にもそんなことが書いてあった、オウムだけでなく薬害エイズの時も)
ヒトラーやムッソリーニとかの危険人物が独裁政権作れたのも、その時の社会情勢の不満(ドイツではお札が紙くず同然になり給料を札の山でもらい買い物にはキャリーバックで運ばなければならないようなひどいインフレが起きてた)や将来の不安があったからこそ国民は支持してしまったからといえる

いかがわしい所に人生に迷ったり日々の生活に疲れたり不満や不安を持ってる人(特に若者)が行かないようにその前にそういう人たちの相談にのったり話を聞いてあげるのも大切なことかもしれない
そしてそんな危険性を持った活動団体ができないようにする、そういう団体に注意の目を光らせることも必要に思う
とは言っても自分もろくな人生経験してないので相談されたりしても何の力にもなれないかもしれない
簡単そうでかなり難しいことかもしれない

震災から4年

あれから4年たった
改めて被災された方にお悔やみ申し上げます

それでも原発をやめようとしないのに腹が立つ
絶対風化させてはいけない
こないだも汚染水の流出が発覚した






そして今回からこれも紹介





少年法と法

まずは川崎市での中学殺害事件
なくなられた少年のご冥福をお祈りいたします
それと遺族の方にお悔やみを申し上げます

この事件について新聞のあるコラムに
「少年の世界は暴力が支配している、大人の男は経験してるはずだが忘れてしまう」
みたいな事が書かれていた、自分はそれを読んだ瞬間
「大人と違い未成年は少年法により本来の法が適用されないからだ、未成年は少年法で守られたアウトロー(無法者)だ」
と思ってしまった、こんなこと思うの自分だけだろうか・・・

自分はこのブログで何度も少年法は廃止、それはできないまでにしろ改正すべきと書き続けてる
実際この事件でも少年法のあり方についてまた議論が色々でてる
(ただこの事件マスコミとかが報じてるのと事実が食い違うみたいなことがある週刊誌に書いてあったので注意が必要かもしれない)

ある本に
「日本は外国に比べて未成年の犯罪がはるかに少なく、少年犯罪も年々減少傾向にある」
と書いてあった
確かにそうだとしても少年犯罪は日本でもあることはあるのだから問題視しない訳には行かない

この前つまようじを店のスナック菓子に入れる動画を公表してその後逃走劇の真似事をした19歳の犯人の言い訳が
「少年法を改正するため」
というのを聞いて歯がゆく思ったのを覚えている
しかしやはりそんなくだらない両さんみたいな言い訳に使われる事さえ少年法の存在は問題があると思わざるおえない
実際少年法で守られると知ってるからこんなアホみたいな事件起こして楽しんだのではなかろうか

なぜか123巻2話のレモンちゃんのハムスターの話思い出した
少年法があるからこそ警察も捜査が難しく苦労するし周りの大人も突っ込んで解決しようとせず敬遠してしまうのではなかろうかと

今回の事件にしたって志望してしまったからこそ公になったのであり現在その何倍もの多くの未成年がいじめやなんかで苦しんでるのではなかろうか
いじめやなんかはやはりビートたけしが言うように
「言葉のごまかし、実際は暴行障害、恐喝等の立派な犯罪」
一刻も早く廃止、それが無理でも改正することを願う


後記事に追記しました
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/4312136.html

こち亀194巻発売

今週のあの二重スパイの極妻の続編、当てはまる項目が量が多いのばかりだったので限定公開休みました



今回からまた増えて15話
最近17ページだったのはこのためかもしれない
次の巻か又は196巻から16話になるかもしれない
来年200巻と思っていたが再来年になったりして

それと星逃田どうしちゃたのか・・・

イスラムの問題と互いの権利問題

フランスでムハンマドの抽象画が元でテロ事件があり抽象画家が殺されそれがもとで画家たちが抗議会見を行ったり互いの国の人たちの抗議デモが勃発してしまった
文化や国や宗教によってこれほどまでに表現の考え方が違うものかと少し驚いてしまった
まえに東京都青少年健全育成条例改正案で秋本先生たちが抗議したのを思い出した

でも今回の抽象画の問題とこの時の秋元先生たちの抗議とでは意味合いが違うと思う
あの時の秋本先生の「何もかも禁止されたら両さんが普通のおまわりさんになってしまう」という意見や不道徳だからといって規制されたら作品が作れないという漫画家さん達の意見は正しいと思う
確かに自分は宗教は嫌いだし神様がありがたいものとも思ってないし存在しないと思ってる
何よりいくらなんでもテロによる暴力行為や殺人はいけないと思う
でも今回イスラムの人たちが嫌がってるのにムハンマドの抽象画を描いたり描こうとしているフランスやヨーロッパの画家達の方が悪いように思う
いくら「表現の自由」とはいえ相手への配慮を良識的に考えるべきと思うが

(そういえば前に筒井康隆の作品が教科書に載ったとき講義があった
「ゴーマニズム宣言」で天皇のことがかかれた時も自主規制問題が出てきた)

表現の自由は「こち亀」では出てないが(ちょっと意味合いが違うかもしれないが)「知る権利」を悪用したネタは出てきている
80巻7話で麗子のヌード写真集を作ろうとして麗子に抗議された時
「国民に走る権利がある、わしはジャーナリストとしてがんばる」などとほざいてる
(中川がちゃんと「その知る権利とは全然別の意味」といってるし、その後風呂を勝手に覗いてひどい目に遭ってる)
158巻7話でも「知る権利」と称して署をガラス張りにしてしまっている
この時も「知る権利のため」といっときながら婦警の映像で儲けるためである
あの後自分には隠蔽がないといって得意がってたが纏が持ってきた写真を公表され大恥をかかされてる
この時の両さんの場合人に危害(プライバシーの侵害やセクハラ)を加えて自分が儲けようとしてるのだからたちが悪い
「表現の自由」にしろ両さんの「知る権利」にしろ「人がやられたくない(見られたくない)物を権利の侵害を理由(言い訳)にして無関係の第三者が勝手にやる(見せる)」ということでは共通してるのではなかろうか


この問題は時期はずれで申し訳ないが考えをまとめて書こうとした時にあの恐ろしいイスラム国の人質殺害事件が起きてしまい、何をかいても不謹慎なようでとても書けなかった
恐ろしい年の幕開けとなってしまった


・・・何てこと思ってたらイスラム国にいこうとしてるのを公言してたらパスポートを取り上げられたカメラマンが出てきた
彼も「報道、表現、取材、渡航の自由の侵害」を理由に抗議してる
でも今の時期的にそうされるのは当たり前じゃなかろうか
別に政府の肩をもつわけじゃないが自分も同じ立場だったらそうすると思う
イスラム国にいくことを公にした時点でイスラム国に誘拐の標的にされている可能性は高い
命の危険性というのもあるがもし人質になったら政府や家族にどれだけ迷惑か考えないのは自分勝手もはなはだしい

今回殺されたジャーナリストも何度も政府から自粛要請があったらしい
それなのにいって人質になったのは「いくなといっているのにいった方が悪い」「オレンジの服を着た時点で死んだも同然だった」というのはあながち暴論でもないような気がする
事実イスラム国も機関紙で「身代金はもれえると思ってなく日本政府に恥をかかせるためにやった」とある
確かに現地の悲惨さを伝えたいとか被害者を救いたいという気持ちはあるかもしれない、それにそういうジャーナリスト達のおかげでわれわれはそのことの詳しい情報を知ることができるのかもしれない
しかし結果的に人に迷惑をかける危険行為は慎むべきでなかろうか
それにこれは暴言なんだろうが戦地の取材は儲からないと聞く、だとすると「儲からないのに自分が好きでやってる」ということになり仕事(本業)ではなく趣味やボランティアであり道楽商売(ちょっと意味あい違うか)ではなかろうか
最近でも禁止区域でスノボやって遭難してレスキュー隊員に「ダメでしょ危険区域で滑っちゃ、助ける方も命がけなんだから」と怒こられたなんて事があったっけ
イラクのフセイン政権の時の日本人人質事件のときも自己責任論が出てきたし
辛坊治郎もヨットで太平洋を横断しようとして遭難したし
(今回の事件について戦場カメラマンの渡部陽一氏に意見を聞いてみたいものである、そいえば彼も戦地での取材より生活のためのバナナの荷造りの方がきつかったみたいなこといってたような)

それに教育現場で公開処刑の映像を生徒の子供達に見せるなんて事も数回起きた
子供に悲惨さを伝えるためとはいえトラウマになったらどうするかとか考えなかったのだろうか
残虐シーンなんて見せていい物じゃないし見たくない子もいるだろうし
「世界の問題に目を背けてはいけない」といいたかったかもしれないのだが
これも表現、教育、伝えることの自由や権利の暴走でなかろうか

そして今日朝のニュースを見てたら
デンマークで表現の自由と宗教との関係に関する討論会で銃撃事件が起きた、ムハンマドの風刺画を書いたスウェーデン人の画家も参加してたらしい
イスラム国と戦闘状態のイラク北部のクルド人自治区で潜入しようとした日本人が逮捕拘束された
(前話題になったハッカー集団アノニマスまでもがイスラム国にハッカー攻撃してるとか)

いずれにせよ自分勝手な欲望やわがままを押しとうすために「権利(自由)の侵害」を理由(言い訳)にして人に迷惑かけたり嫌がること(見てもらいたくないもの)をする(表現する)のはやってはいけないことではなかろうか
法律や条令以前の常識とか良識の問題じゃなかろうか

(2015.2.23 追記)
デンマークのテロ犯は射殺されたらしい
真面目に信仰しているほとんどの善良なイスラム教徒は迷惑してるとか
そういえば最初に人質になって殺されてしまった人はあまり取り上げられてないような
不謹慎だが二人とも万が一助かって日本に帰ってこられたらこの先どういう人生を送ったのだろうか

余談だがまた最近親が自分の子を殺す事件が目立ってきているような
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/4257331.html

(2015.3.8 追記)
最近イギリスやドイツなどの欧州でペギータとか言う集団が反イスラムの集会なんかをやってるが
こいつらはなっからほとんどのイスラム教徒は真面目に信仰している善良な人たちと知っててやってるんじゃなかろうか
ただ何かに攻撃したいだけ、ストレス解消のウサ晴らしや八つ当たりしたいだけじゃなかろうか
中国や韓国の反日活動やデモ、日本のヘストピーチ思い浮かべる
ただイギリスでは集会の近くでそれを上回る数の人が差別反対の集会を開いたことに救いがある
他の国でも反差別の運動が同時に起こってるらしい
やはり世の中正しい人も数多くいるということか

それとこないだの週刊誌でビートたけしが例のイスラム国に人質になり殺されたジャーナリストについて
「「勤務先の金をパクった」「フーゾクも経営していた」なんて書いてたくせに殺されたとたん「素晴らしいジャーナリストだ」みたいな扱いして手のひら返しが下品すぎる」
なんて書いていた
最近本屋に行くとそのジャーナリストが書いた本がたくさん並んでいる
もしかしたらほんの売り上げ伸ばしたいためにそのジャーナリストを持ち上げてるんじゃないかなんて・・・

日本と欧米との年行事から見る違い

「わしはアメリカ人より強引だ」っていつもそれで周りに迷惑かけてるってのに・・・
やはり両さん日本人よりもアメリカや中国人よりなのだ
157巻8話でも「外資系」といわれてるし
でもこんな人間実際だと日本では生きていけないような気がする

確かにこう見ると日本の年行事って慎ましやかなものばかりだなあと
欧米から来たものみたいに派手に騒ぐのがない
そのくせこういう騒ぐのは大好きのようで、その昔日本で憲法が発布された時ほとんどの人が何のことかわかってないのにお祭りのように騒いで見ていた外国人をあきれさせたとか
だからこそクリスマスやハロウィンがここまで浸透してしまった
おそらく日本人それらのイベントの由来ややる意味を考えもせずやっている

確かにこういうマーケッティング日本人は下手かもしれん
でも日本のイベントで売り込めるようなものないわけで
外国人が神輿を担ぐなんてことせんと思うし・・・

まあ「別に楽しけりゃいいじゃん」てことではなかろうか
両さんみたいに日本がどうだの考えてる人そういないだろうし

キレる?

159巻6話都会暮らし試験
173巻8話オヤジ小学生テスト
そして今回中年キレ度テスト
実は今回自分結構当てはまってしまったのだが・・・
でも両さんの言うように誰でもそうじゃないかなんて・・・

確かに待たされたりなんかするとイライラしたりうっとうしかったりするが物にあたって壊したり怒鳴ったりしたことはない(と思う)
壊したらもったいないし、物にあたっても仕方ないし、それに当事者でもない人に文句言ってもどうしようもないし

ほんとに最近キレる中年増えてるんだろうか
日ごろいろんなこと我慢していて、ふとしたきっかけで爆発してしまうのだろうか
でも両さんや部長はただ短気なだけじゃないのだろうか

でも今回こんなことで両さんと同調してしまうとは
自分もキレる危険があるってことか?
でも自分はせっかく買ってきたものや長年愛用してるもの壊すようなことはしないと思うのだけど・・・

「アリィよ、銃をうて!」考

さすが我らが「こち亀」の秋本先生
オーソドックスな設定ながら、今までにないマニアックで個性的な西部劇を楽しませてくれた
いかにも秋本先生らしい西部劇です

普通ヒロイン一人で十数人の悪党相手に相手するなど(いくらフィクションとはいえ)無理があるのを現代リボルバーみたいな拳銃で優位に立たせリアリティ(?)を出すとはさすがです

こち亀でも
10巻2話でメンバーでアウトドア私設に行き、そこで西部劇の舞台体験私設でコスプレしてます
(ちなみにこの時麗子や本田がおらず、洋子ちゃんや冬本がいます)
33巻9話で西部劇の映画をメンバーで作ってます

最近「こち亀」のページ数が減った分これから今回のような秋本先生の読みきりがたくさん読めるのかもしれません
そう思うととてもうれしい限りです
秋本先生にはこれからも体に気おつけて面白い作品を描いてもらいたいです

今年振り返るとなぜか・・・

今年はどうでもいいちゃいいのだがなぜかSTAP細胞のてん末が気になった一年だった

一月発表された時は「頭のいい人もいるもんだ」ぐらいの感覚だったと思う
ただあの女科学者にしちゃずいぶんちゃらけてるなあと思ったような記憶も・・・

しかしその後のてん末はあきれるというかなんと言うか・・・
何であんなことになったなんて騒がれてるが、自分の勝手な憶測からすると
ES細胞で権威だった指導者の男がiPS細胞の登場とそれによるほかの教授のノーベル賞とられてしまい立場がなくなってしまった(今ゴールデンボンバー見たくて紅白見てみたら審査員席に山中教授がいた)
それであせったのと(あせってたのは理研全体かもしれない)あの女の色香に惑わされて、よく見ればおかしいとわかる論文を信じてしまい発表してしまった
理研や科学雑誌のほうもその男が権威ある学者のため信じて載せてしまった
勝手ながらこんな感じではなかろうか

どちらかというと自分はあの女より指導者の副センター長が気になったのかもしれない
前はノーベル賞確実といわれてたらしいのに、とあるきっかけで人生の階段を転がり落ちてしまった
人間なにをきっかけにどうなるかわからない
前に書いたかもしれないが191巻12話でベーゴマで金メダル確実ともてはやされたがオリンピックから除外されたとたん何もかもなくなってしまった
世の中どう変るかわからない、そしてその時人は対処しようがないのだ
(二人の隣にいたあの人にもやなうわさがあるとかないとか・・・)

それにやはりどうでもいいような問題だった見たいで
その後の広島の土砂災害や御嶽山の噴火(亡くなられた方のご冥福を改めてお祈りいたします)そして青色LEDでの日本人ノーベル賞受賞などの話題にもってかれてしまった


それと韓国の沈没船の事故そういえば今年だったんだなんて・・・
それに最近ナッツの出し方が悪いと飛行機を引き返させた女副社長が逮捕された
なんか最近韓国の恥部があらかさまになってきてる(そういえば朝日新聞の慰安婦の記事での取り消しも今年だったな・・・)
やはり韓国も両さんみたいな国ということか
これも前にかいたかもしれないが118巻2話で纏には慕った近所の人たちがお祝いに来たのに両さんは誰も来たことないと
両さんは下町の知識がいい加減だが纏はちゃんと知っていた
部長「下町人情というが両津が一番人に対して人情がない」
両津「普通は自分のことしか考えてないでしょうが」
纏「普通は人のこと先に考えるよ、それが人との付き合いでしょう!」
国際間の国と国の問題もそういうことが問題なわけで・・・


今年ももう終わり、いろんなことがあった
来年は8月6日にタイムカプセルが開封される年
どんな一年になるだろうか
皆さんよいお年を!!

せつないなぁ・・・

冒頭でクリスマスツリーが倒れた所は124巻5話の部長の家が崩壊したの思い出して面白かった

しかし今回本編はクリスマスに似合わず切ない話だった
今でも戦争のせいで家族をなくして寂しい思いをしてる人がいる
おそらくオウムが覚えてしまうくらい繰り返しいってた言葉
「戦争はいやだ」
戦争の犠牲者は戦争を起こした政府や政治家でなく、何の罪もない一般市民だ、いやでも巻き添えにされてしまう
「戦争が起これば景気がよくなる」なんて風潮があったときもあったらしいが戦争に負けたときにそれは間違いと気づいたはず
自分も時々戦争映画なんかを楽しんでることに罪悪感を感じてしまう
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/3488577.html

そして世間がクリスマスで浮かれてる時でもつらい思いをしてる人や恵まれない環境におかれ苦しんでる人たちがいる
188巻8話でも貧しさゆえに道を誤ってしまった泥棒や途上国の貧しい鉱夫の子供達が出てきた
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/3646152.html

より多くの人がクリスマスを楽しめるためにも、これから戦争での犠牲者や不幸な人たちが出てこないようにしなければ、そして今そうなってる人たちを助けなければ、確かにかなり難しいことなのだが・・・
世界全体が幸せになることを願わずにはいられない
作品一覧
こち亀を全巻買うか迷っている方
こち亀全巻をもてあましてる方
こち亀のあの話がどこに載っているか知りたい方
必見です!!
今すぐ上の「作品一覧」の中の「こち亀内容別検索集「亀事苑」」をクリック
詳しくは販売ページで
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

大変申し訳ないのですがヤフー知恵袋を利用制限され使えなくなってしまいました 一応自分のページを残してありますが回答をリクエストしても答えられないのでご了承ください
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
サークルプロフィール
タグクラウド
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
ゲームニュース
J-CASTニュース
  • RSS
  • Dlsite blog