日本の小説が原作の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
(時間ループ物だがそもそも敵が持ってる能力を受け継いでしまったという設定が面白い、落ちやその他などは「プリンス・オブ・ペルシャ」や他のと似通ってるかも)
日本のマンガを元に韓国が映画化したのをまたハリウッドがリメイクした「オールド・ボーイ」
(韓国版の落ちをそのまま使われたのが悔しい、とは言っても日本のほうの落ちは週刊連載のマンガだから許されるものだから仕方ないのだが、ただハリウッドの方が結末をわかりにくくしている韓国版のほうは勘のいい人ならきずいてしまうかもしれないので結末を楽しみたいなら先にハリウッドの方をお勧めする)

そして真打登場である
(トランスフォーマーが控えてるがこれは前からやってるので・・・)

それでまた馬鹿なことを考えた
町中のビルをプロジェクションマッピングしてゴジラが破壊されたかのように壊れる映像を写し、レーザー光線やドライアイスでの炎の表現や前に何かの恐竜映画で使われたウォータースクリーン等を使って本当にビル街(や港)にゴジラが出現したかのようなイベントなんてどうだろうか
いくらなんでも都会のビル街ではできるわけないにしてもどこかのテーマパークでやるのはどうだろうか
前に提案した名古屋にワーナーブラザーズワールドを名古屋に作ってそこでやるなんていう・・・

それはともかく自分が今まで見てきたゴジラ映画等を思い出してみると

1998年ハリウッド版「GODZILLA」
日本版とはあまりにも違う姿や設定に期待していた世界中のファンに批判を浴びたが自分はその時別にそこまでの思い入れはなかったため楽しんでしまい2回も劇場で見てしまった(先行上映の字幕版と日本語吹き替え版)
ゴジラとしてはダメかもしれないが巨大生物大暴れ映画としてなら楽しめると思うのだが
現に読んだムック本にも「ゴジラ」としてではなくではなくゴジラの元になったハリーハウゼンの「原子怪獣現る」のリメイクとしてなら文句ないようなことが書かれていた
「ゴジラ」としてみなければ結構迫力があっていいと思う

「モンスターズ/地球外生命体」
今回のゴジラの監督の作品でこれをきっかけにゴジラをまかされたとのことでDVDで見てみたが
普通の怪獣映画だと思ってると肩透かしを食らうのでご注意を
これは怪獣はまったくというほど出てこず「怪獣がいる恐怖の中で移動する二人の主人公」の映画だから
低予算で主人公以外エキストラで撮ったというのだから仕方ないといえばそうなのだが
でも構成やストーリー的にはよくできてるかもしれない
それに確かに破格の低予算でこれだけのものを作るというのはすごい手腕だということかもしれない

デジタルリマスター版「ゴジラ」
今回予習にと思ってみてみたが、まあこの当時としてはかなりよくできてる部類ではなかろうか
話の展開もゴジラが暴れた後すぐに解決法が出てくるのも唐突過ぎるしごつごう的にその解決法を博士が研究してたというのも当時ならではなのだろうか
しかし当時としてはビルの破壊など実によくできた部類なのではなかろうか

そして今回の「GODZILLA」
今回はビジュアルも文句ないゴジラファンも納得の出来じゃなかろうか
(ネタバレが含まれてますのでまだ未見の方は見たあと読んでください)



設定のためとはいえゴジラの出番が少なすぎるのでは・・・
どうしてもヌートーのほうが目立ってるようなき気が・・・
しかしそれは仕方ないかもしれん今回地球を壊滅の危機にさらしている悪役(?)はヌートーのほうで善玉(?)のゴジラに人に危害を加えさせたりするのはなるべく控えさせなければならなかったのではなかろうか
それにゴジラ映画は本来そういう展開のものかもしれないし
そういうことで言うと予告等の宣伝や冒頭部分では(もちろんいい意味で)うまくだましている(ミスリード、ミスリーディング)本当に見事に引っかかった、でもテレビ等のメディアやらホビー関係等で見る前に少しネタバレしちゃてんだよな・・・確かに最近の「ゴジラが暴れるだけの映画」と思ってためらってた人にも宣伝して違うと知らせにゃかんかったかもしれないしホビーの方でもなるべく早く出さなければいけないし映画館の売り場に置かなければいけなかったことも考えると仕方ないかも

でもやはりゴジラとヌートーの戦いは単純だというのに何か心をとらえるものがあった、もうほとんど覚えてないが幼少の頃テレビで見たゴジラ映画を潜在的に思い起こしたのかもしれない
まさに往年の怪獣映画と最新CG技術の融合である
このギャレス・エドワース監督も「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督同様わかっていすぎる人だった、いやわかっていたつもりでわかってなかったことを本当にわかってた人達なのかもしれない岡目八目みたいに日本人以上にわかってたという・・・
そのためか最初日本語吹き替えを見たあとまたIMAXの字幕版を見に行ってしまった

今回のヌートーは「クローバーフィールド」の怪獣にもなんとなく似てるような気が
アメリカ人が一からオリジナルで怪獣をデザインするとこうなるということかもしれない
それに最初のGODZILLAでもあった「もしかしたら未知の生命体が繁殖してしまい人類を滅ぼすかもしれない」というのも最近のSFやモンスター映画で何度も見てきた

そして続編がもう決定したとのこと
今度こそゴジラの出番を多くしてもらいたい、そしてまた怪獣同士の戦いが見れると思うと期待が膨らむ
キングギドラやラドンやモスラも出るかもとのこと本当に早く見たくなった
これが日本でできないのが悔しいが最新技術で怪獣が迫力を増して自分たちを楽しませてくれるのが本当にうれしい
これからも日本で考え出された怪獣や他の何かが最新技術でよみがえり見ている自分たちを楽しませてくれることを誇りに思う