今週のこち亀自分が東京に行って電車の路線が複雑すぎて困惑したのを思い出した
どうやら自分のような地方の人間ばかりでなく東京に住んでる人にすら複雑なようで

「勤勉すぎるぞ都会人、なぜそこまで一生懸命働くのだ、わしには理解できん」
という両さんの言葉
「あんたが仕事しなさ過ぎじゃないの、ホームレスのこといえるの」
と突っ込んでしまった
しかし前からここで書いてるように両さんどちらかというとアメリカや中国人に近い(ラテン系とも120巻4話で言われている46巻8話でひげかいたらイタリア人そっくりになった)
自分たち日本人は外国の人から見ると勤勉すぎて働きすぎなのだろうか(とはいっても日本に来てる外国人労働者には祖国で日本人より過酷な労働をしていて、その感覚で日本に来てしまい労働基準法違反の過酷な労働条件を強いられてる人たちもたくさんいるのだが)
でも自分からすると働くというのは生きるための当然な行為であり尊いものだと思うが
アニメのこち亀の138話「働け、松吉」(レンタルDVD3巻2話、一応原作では8巻5話にあたるがかなり変更していてこのセリフもない)で部長が両津に
「いい加減な勤務態度でもらった給料だからいい加減な使い方をしてしまうんだ、汗水たらして稼いだ金こそ本当に価値のあるものなんだ」
といっている、その後両さん松吉にこの同じセリフを言う始末
自分もこれはさすが部長らしくまったくそのとうりのいいセリフと思ってしまったのをなぜか思い出してしまった
そう考えてしまう自分も日本の悪しき習慣にどっぷりとはまってしまってるのだろうか

その後それが時刻表のせいかもというのが出てきた
前に少し紹介したが日本で当たり前の時刻表どうりに電車等が来るというのは外国では珍しいらしい
確かにこれによって自然と規則正しく生活してしまうというのもあるのかもしれない
でもこれは駅側もそうするのが当たり前と思ってるからでここら辺からも日本人の生真面目で几帳面な性格がよく出てる
しかしそんな性格からサービス残業やらブラック企業やらの問題にもつながっていくわけで、下手すると過労死やうつなんて悲惨な結果になるわけで

朝の通勤ラッシュ一つにも日本の現在や日本人の性格が出てしまっているということなのだろうか