(この記事本当は先週書きたかったのですが本職の都合とそれに伴う体調変化のためかけませんでした、時期はずれな所もありますがご了承ください、申し訳ありません)

内閣府意識調査で20代30代の独身の若者のうち約4割が「恋人はほしくない」「恋愛に興味ない」という回答だったらしい
理由は「恋愛が面倒」「自分の趣味に力を入れたい」などだった
やはり最近の若者も「恋愛は無意味」「結婚の意味がない」と考えてきてるということか
(とはいっても逆に言えばまだ半数以上の6割が普通に恋愛に興味があるということなわけだが)

それを聞いて自分はある映画紹介本の中で紹介されている「26世紀青年」の部分の記述を思い出してしまった


26世紀青年 [DVD]
ルーク・ウィルソン
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
2009-10-02


まずあらすじからして
「一年間の冷凍睡眠のつもりが500年後に目覚めてしまいそこで主人公が目にしたものはバカばかりの世界、500年の間に結婚や子作りに慎重なインテリ層は人口減少により絶滅、それに対しデキ婚や大家族化をいとわないDQN層の人口が激増したことにより米国はバカしかいない国になっていた・・・」
とありその後監督がわかっていながら扇情的かつ愛国的な報道に徹したフォックス・テレビの批判みたいな内容を同列グループのフォックス・ピクチャーズで作ってしまったため宣伝されず上映巻数も限られ闇に葬り去られてしまったことが書かれた後こう締めくくられているのだ
「石原慎太郎や橋下徹の総理待望論が叫ばれていることに象徴されてるように日本のバカ化も猛烈な勢いで進行中だからだ」と・・・

早速見てみると(ここから多少ネタバレも含みますのでご注意ください)

まず本題に入る前になぜ人類のバカ化が加速したかの説明が二組の代表例で説明される
インテリの夫婦は「子供はあせって作るべきでない」「今の状態で子供を作るのは無理」となかなか子供を作ろうとせずつくろうと意を決した時にはもう体力も精力もおいてしまい亭主が死んでしまう
(映画ではわかりやすくするのと面白くするために夫婦になってるが実際は先ほどのアンケートどうりに恋愛結婚すら意味がないのでしないのではなかろうか)
一方馬鹿な男は何の考えもなしに性欲のままにセックスをしまくり不倫お構いなしに複数の女性と関係を持ち子供を作りまくる(当然そんな男を相手する女もバカばかり)そしてその男から生まれて遺伝子を受け継ぎそんな男に育てられた息子も当然馬鹿で無計画にセックスしまくり子供を作りまくる、そしてねずみ算式に増えていく
(前から書いてるように自分も独身だが、だからといって別に頭が言い訳でもない、むしろ家族を養う財力も子供を育てる甲斐性もないわけであって・・・)

ゴミの山が放置されてるとこなどは確かにその後に作られた「ウォーリー」と同じようなテーマを扱ってることがわかる、しかしファミリー向けに作られて表現がおさえられている「ウォーリー」に対しこちらはストレートにこれからの未来を皮肉っている

500年後のテレビや映画はその時代の人々の頭に合わせて恐ろしく低レベルでただ股間を痛めつける番組が一番人気で映画は永遠と人のしりが映し出される映画がヒットしている
でもこれ最近一発芸人がはやっては流行語大賞とってまた新しい一発芸が出てくるとそれに取って代わられ廃れていくのとなんかにてるような気が・・・

未来世界では現在のフードチェーンが下品に名前が変ったりそのまま風俗店になってしまっている
この時代人々は皆下品になりセックスのことしか頭がなくなってしまっているのだ

主人公がこの時代でいちばん頭がいいことが判明し閣僚に任命され食糧不足を解決することを命じられる
いくらなんでも行政改革なんて無理とためらう主人公だが他の閣僚や大統領さえもみんなバカ
オマケにこの時代の人々は企業宣伝に完全に踊らされてスポーツドリンクを水代わりに使っていた・・・


そして紹介文の最後に出てきた石原慎太郎と橋下徹が最近政治資金パーティーで抱き合ってるのを週刊誌で見た
仲がいいのか悪いのかはっきりしてもらいたいモンである、まあお互いその時の都合で引っ付いたり離れたりしてるだけだろうが
橋下徹も引退宣言したくせに未だに期をねらって復活しようとしている、そのパーティーで都構想に反対した高齢者に対し「なんで70歳以上だけが公共機関が無料なんですかバカか!本当にどうしようもないですねじじいばばあたちは」などと暴言としか言いようのない相変わらずの失言をした後石原慎太郎と抱き合い「おじいちゃんはやはり大切にしないとダメですよ」、なんなんだいったい
石原慎太郎も「これからの日本のために橋下徹を失うわけにいかない、彼を絶対国政に送り出してください」
だと、引退宣言した人間だとわかってんのか
大体今回自分の長男を維新の会にめんどうみてもらいたくて応援しにいったとか
だいたいオリンピック送致で猪瀬直樹に、票取りのために維新の会(橋下徹)や田母神俊雄にいいようにその場限りで利用されてるだけである
結局石原慎太郎も橋下徹も政治や行政に対し信念やら理念やらがあるわけでない、その場の雰囲気や思い付きで発言したり行動したりしてるだけなのだろう
ただ人の上に立ってえらそうにしたいだけ強引なだけである
まさに両津勘吉だ、そしてそんな男をリーダーにして任せたらどうなるかはこち亀を見てのとおり
そして現実だとたちが悪い
そう、最悪なのはこんな奴らが東京都知事だったり大阪府知事だったということなのだ

最近頭に来るのが皆さんも知ってるだろう新国立競技場の建設費問題である
他国のメインスタジアムの5倍の2500億円なんてなに考えてんのか、まあ何とか白紙にされたが
最初強引にやろうとした森喜朗元首相も手のひら返しで合意したとか
だいたい森喜朗の19年のラグビーワールドカップのために振り回されたんだからたちが悪すぎる
おだてりゃ金を出すからといってこんな奴がオリンピック組織委員会会長なんてどうしょうもない、委員会や日本スポーツ振興センター(JSC)や文部科学省が無能すぎる
ここでも石原慎太郎が「都民外の通勤者から一人月千円税金で払わせろ」だと、何でそんなモンのためにかね出さなきゃいけないのか
大体建設物をオブジェとかと間違えてる奴のデザインを採用するなんぞ正気の沙汰じゃない
最初デザイン見た時バブルがはじけたドバイの無謀な都市計画の一部のように思えた
140巻8話の葛飾署立替を思い出す
有名デザイナーがデザインするはずのものが誤ってレモンちゃんの粘土細工のウサギと摩り替わったにもかかわらず認可の時に中身を見なかったり斬新なデザインと勘違いしたりでそのまま作られてしまう
このときの顛末とよく似ている、まあ実際は白紙撤回されたのだが
74巻10話では銭湯の改築案で500億円の見積もりをしている「500億円持ってりゃ遊んで暮らすよ」と
104巻2話では最初反対してた女子寮の改築を女子婦警におだてられて手のひら返しで賛成に回り予算をかけすぎた豪華なものにしてしまっている、森喜朗そのものだ、こいつも両津勘吉みたいな男ということか
大体新国立競技場だけでもこれである、これから立つ施設も大丈夫なのか
色々な週刊誌でオリンピック後に遣われずに廃墟と化した施設が出てた、オマケに維持費や税金が今でもかかるとか
そもそも前から書いてるようにオリンピック自体自分は反対である
今からでも他の国に譲るわけには行かないのだろうか
「26世紀青年」で裁判や国政会議の時にバカ騒ぎしてたがオリンピックが決まった時のあのバカ騒ぎの喜びようと重なってしまう
今週の週刊プレイボーイの「衆愚レアリズム宣言」にもオリンピック反対とあった
オリンピックに使う金あったら大震災の被災地や原発の廃炉に遣うべきである
「26世紀青年」や「ウォーリー」の大量のゴミが現実では核廃棄物や汚染水や震災のときに出た汚染された瓦礫なのだからたちが悪い
オリンピックで景気が回復なんて到底思えないむしろ開催あと見結局赤字だったり194巻15話のように犠牲にされる人たちも確実に出てくる
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/4113167.html
それに今日「バンキシャ」でやってたが日本はオリンピックの時猛暑である熱中症対策どうするのか、ゲリラ豪雨の心配もあること想定に入れてるのか
大体無計画に石原慎太郎が推し進めたことをまた無理矢理やるために森喜朗なんぞをトップにすえておだてていいように操って強引に推し進めるようなものがいいはずがない
そしてこれも最悪なことにこんな男が元内閣総理大臣だったということなのだ


(ここから話し少しずれますが・・・)
殺人犯の元少年Aが書いた本
自分は読みたくない
とても読む気がしない
読む必要などない
読んでやる義理すらない
大体奴に殺された何の罪もない子やその遺族のことをおもうと読むわけにいかない
あんなもの奴が反省してるようで、とってつけた自分に当たり障りないよう今の自分を肯定的に表現したものに決まっている
ほんとに反省してるなら実名出して死んでわびるのが筋というものだ
「一生かけて償う」などできるはずがない、死んだ罪のない人間が生き返る分けないのだから
「地獄先生ぬーべー」のスピンオフ「いずな」で人を殺して反省もしない男が実は悪霊に取り付かれていて除霊したら自分のやったことを反省したのでこれでよしと思ったら自分の侵した罪に耐えられず自殺してしまったという話があった、普通理屈的にそういうことだ
しかしいやなのはこの本が発売中止になるどころか増刷が決まってしまったこと
こんな本を出す太田出版や買ってまで読もうとするやから達はなに考えてるのか

こないだいじめで自殺した少年とその担任の文面でのやり取りを見てみたが「いじめのサインを見逃した」のでなくどう見てもわかっててとぼけてるようにしか思えん、それかこれでもきずかないくらいの馬鹿なのか
最近教師がいじめとかに積極的にかかわれないのは子供やその親が権利や人権ばかりを学校側に主張してちゃんと教育をゆだねないことが原因ではなかろうか
ここでもその権利である「少年法」が立ちはだかってるように思われる
ビートたけしや他の人が言うようにいじめは犯罪であるそれをしっかり示さないとこれからも犠牲者は増えつずける
未成年をアウトロー(無法者)にする少年法は即刻廃止するべきである、前にも書いたように道徳や人間性ではもう対処できない所まで来てるのだ
この前も少年達が同級生を川に入水するのを強制させて凍死させた事件があってすぐ同じような事件が起きた
17歳の少年が60代の男性を刺し殺した事件も起きた
それでも「更正させる」「子供は天使」みたいなやからがいる

日米安保も今話題だが・・・
北朝鮮拉致被害者を見ると胸が苦しくなる
でもそれならばどうしてアメリカは日本を助けてくれんのだろうか
「国民の拉致」という「攻撃」を日本は受けているのに、他国の問題ということなのか
結局TPPにしろ自分の都合のいいことしか押し付けるつもりなのだろう
シーシェパードとかのイルカや鯨の捕鯨問題でも日本は「攻撃」を受けているというのに
まあアカデミー賞で「コーヴ」が受賞してしまったことからも助ける気はないのだろう
それとも捕鯨問題にしては日本と欧米の文化や考えの違いなのだろうか
とは言ってもシーシェパードの連中は金目当てでやってるのだが
日本はあくまでも「自衛」隊で攻撃するわけにはいかないのだ
だからこそ何でアメリカは助けてくれんのか何のための安保条約や第九条の戦争放棄なのか
沖縄に無理矢理基地おかさせてるくせにその基地で何もやってくれないじゃないか
やはり本来自分の国のことはアメリカを頼らず自分たちで解決するべきか
そう考えると「違憲」だどうだというより日本はこのままでいいのかともおもえてくる
確かにこれだとアメリカの飼い犬に成り下がるのではないか、アメリカ(や他の国)の戦争に日本が強引に巻き込まれるのではないか、しかしもしもの時に攻撃できない国でいいのか、いろんな考えが交差してしまう
(しかしこれはよく調べてないものの見当違い的外れな考えだろうかとも思っている)


話を「26世紀青年」のバカ化の話に戻すと
恋愛や結婚に興味のない若者にそれを強要する権利など誰にもない
何でそういったちゃんと現実を見据える若者が日本の未来の犠牲にならなければならないのかということである
しかしこのままだと500年後どころか5年後に日本はオリンピックがバカリンピックになってしまい世界に恥さらして経済的にも行政的にもとんでもないことになるのではなかろうか
万博もその年にドバイで開催とか、バブルのはじけて大変なのに計画を推し進めるところでやったら世界バカ博になってとんでもないことになりゃせんだろうか
このまま日本、いや世界はどんどんおかしくなってくのか・・・
そうならないためにも両津勘吉みたいな人間をトップに立たせるようなことは今後絶対にあってほしくない

(2015.8.1 追記)
「日本の再生を願う男性」さんへ
返事が送れて申し訳ありません
この前テレビで少しやってたが最初日本の重要地点を「府」として大阪と京都と東京が残り東京が太平洋戦争中に現在の23区の部分が東京府より力が強くなってしまったため東京「都」にしたとか
だから単純に考えて「府」ですらなかった愛知県がやっても何の意味もないんじゃないか大阪より問題が起きるんじゃないかと
(恥ずかしながら「日本の再生を願う男性」さんのコメント読んで名古屋や愛知もそんなこといってたなあと思い出したしだいで・・・)
それに前にもここで何度か書いたが200億もかかる名古屋城木造計画は今でも自分は反対である
前に名古屋に残る歴史的な建物を所有者が税金対策のため取り壊そうとしたが名古屋氏が残してもらいたいと工事の足場をもうける許可を出さなかった、でも残してもらいたいと思ってるのは「名古屋市」なのであるので「名古屋市が」そこを買い取ったり税金等を肩代わりして必要経費を支払うのが筋ではなかろうか、所有者にしてみればただの金食い虫を残しておきたくないにきまってるのだし(後にその建物は家事で消失)
それにレゴランドも大丈夫なんだろうか
こうしてみると愛知県や名古屋市もほかのところのこといえないのかもしれん

それにつけてもオリンピック
大会のエンブレムが外国の劇場のマークと似ているという問題が起きてしまった
でのアイデアというのは無限なようで限りがあるし世界にある膨大な量をすべてチェックするなんてできるわけないので偶然似た可能性のほうが高いかもと
事実他のテレビニュースでやってたが来年のリオのマークでも三人の人が手をつないでいるマークが昔の歴史的絵画に構図が似てたりある慈善団体のマークと似てて問題になってるとか
http://kochikame-nagoya.b.dlsite.net/archives/3300000.html
だが問題はやはり金である
国立競技場以外にもオリンピックの建造物の費用が何兆円もかかるとか
ほんとにもう他の国に譲れないものか
しかし他の候補の国でも予算を理由に反対のデモが起こってたっけ
まともに考えれば金食い虫のオリンピックをやりたい国などそうそうないということか
それに北京が2022の冬季五輪に決まった2008年でもあれだけひどかったのに雪の量とか大丈夫か
北京五輪の開会式のてん末見て失笑してしまったりあきれたりしたものだが・・・
(このときから中国経済危ないとかいってなかったっけ)
このままいったら日本のほうがバカリンピックになって北京以上の恥さらすのではと心配である

アメリカでは暴言ばかり吐くトランプとかという大富豪が大統領選に出馬表明し世論調査で現在一位とか
ほんとに日本どころか世界は大丈夫か

あと60巻3話で部長の娘夫婦が家を買ったときに両さんが
「あいつはマイホームに執着するタイプじゃない」とかといい
「今の若い連中はローンにしばられるくらいなら家を買わずその金で生活をエンジョイしようとしている、部長とは世代の相違があるはずだ」といっている
このときからそういう感覚があったみたいである(掲載されたのは1988年)