ブログを書けずに一月が終わり二月になってしまった
40周年の節目の年だというのに

年をとったせいか時間があっという間に過ぎていく
少し油断しただけで時計の針がどんどん進んでいく
一週間は7日しかなく一ヶ月は4週間しかなく一年は12ヶ月しかない

ここ数年映画を見る本数が爆発的に増えてしまい見るので忙しく他のやりたいことに手が付けられない
「限定公開」も今週更新しようとしたがまだある「花山リカ」の項目があるので変える意味がなくそのままにしてしまった(両さんが猫に変えられた話、天国のマイソウルナンバーでのパニック)
先週の日曜と今日は何とかと思ったのだが花粉症の薬のせいか昼まで寝てしまい、それからたまっていたテレビ番組の録画を見るのに費やしてしまった
最近の出来事やこの前見た「ヤクザと憲法」のことについて書こうと思ったのに

「時は金なり」というが今となってはお金より時間の方が貴重じゃないかなんて思ってしまう時もある
時間は金で買えないし、金があってもそれを使う時間がない
とはいえ時間が増えてもその分時がたつのが早く感じるだけだろうが

本当に年をとるたび時間がなくなる
112巻4話に出てきたように「買うときは今は忙しくてやれないけど暇になったら絶対やるぞと思って買うが、爺になったらめんどくさくて絶対やりゃしないんだ結局全部捨てると思う」とある「場所をとるから大変」「いつも奥さんに汚くて邪魔だから早く捨ててといわれる」
189巻3話でもそんなことが出てきていて「もはや楽しんでやってたら間に合わん毎日仕事のようにやらないと」とある「あーあんなに買うんじゃなかった」と
両さん達はプラモだが自分はゲームである
実は年末年始に見切りをつけて半分以上のゲーム(プレミアムボックス等の初回限定物)や周辺機器(コントローラー)や攻略本(ゲームに関係ない本も)を中古屋やBOOK-OFFの出張買取で売ってしまった
本当にこち亀でも出てくるように収納スペースがなくなってしまい邪魔なだけになってしまったためである
もうやることはないだろうと、残っているものも今はなんかもったいないと思っているがそのうち売ってしまうように思われる、自分は結婚してないので女房に文句を言われることはないが・・・

やはり若い頃は「変らないだろう」と思ってたが人間変ってしまうものである
これは時間感覚が年とともに早くなってしまうのが原因の一つのように思われる
若い頃興味を持ってたりやりたかったことが年とともにやる暇がなくなり自然と興味がなくなっていくのではと

だから「何かを始めるのに年齢など関係ない」なんていうけど自分はそれは間違ってると思う
極めたりやりこみたくてもどんどん時間が過ぎて行く
やりこむ時間もやり続ける気力もない

若い人は本当に注意した方がいい
前にもかいたように年とともに時間がなくなり今好きなことにも興味がなくなっていく
両さんのように色々なことや何か新しいことをするをやる時間は絶対ないし、両さんのように年を取っても子供の時や若いときのままにゲーム等をやりこんだりする好奇心や気力が衰えないことはおそらくない
「気が早すぎる」と思われるかもしれないが年を取ったときのことも考えておいたほうがいい
「年をとっても変らずそのまま」というのはたぶんないから