すいません、もっと早く書きたかったのですが、最終話を見てこち亀展だけの1話が見たくなり、新聞もほしくなってしまい名古屋からすぐさまいってしまったため戻ってきてこの時間になってしまいました(何とか日が変わる前に間に合った)

最後はパーティーで締めくくり
星田逃とうとうコミックスに載らなかったばかりかジャンプの方では落ちに使われコミックの方では落ちを差し替えられる始末、どこまでも哀れなキャラである(デモなんであの話載らないのか、何か問題でもあるのだろうか・・・)

秋本治先生
長い間本当にお疲れ様でした
一回も休まず楽しませてくれて本当にありがとうございました
これからもお体におきおつけて