近況報告

週刊少年ジャンプ展vol1レポート

7月15日週刊少年ジャンプ展vol1の先行公開に当たったので行ってきました
http://shonenjump-ten.com/
やはり見ていて思ことは「ああ、こんな作品あって読んでたなあ」というなつかしさでした
それと昔の作品では「こんなのもあったんだなあ」と、まさか「はだしのゲン」までそうだったとは・・・
それと「今ではこんなこと描いたら問題になるだろうな」というものもあり時代の変化も感じました、あの頃はこんな風だったんだなあと

作品別作家別の原画に加え当時売られてた玩具やグッズも展示してあり本当に懐かしかったです
作品に応じてのマッピング映像や再現模型等もなかなかの出来でした

こち亀のコーナーでもこち亀展には出てなかった原画等も公開してありなかなかのものでした

一番感動したのはアニメのOPを連続して上映しているコーナーです
これだけの懐かしのアニメのOPを見る機会はなかなかありません、思わず見入ってしまいました
本当にあの頃はジャンプに夢中で(娯楽のすべてといっても過言でない)それに伴いジャンプのアニメもよく見てたなあと

あとHONDA FITとのコラボ企画もあったのでそこにも行ってきました
http://www.honda.co.jp/Fit/shonenjump/
本当の車に乗ってジャンプの映像の中を走るのはなかなか良かったです

あの頃ジャンプを読んでいた人たち必見です!!
来年のvol2、vol3もです(このころ読んでない若い人たちは今回自分が昔の作品を見て思ったように「あの頃こんな作品があったんだなあ」「あの頃そうだったんだなあ」と楽しめると思います)
90年代や2000年代以降のこち亀も含めて今から楽しみです
今回のFITのようにコラボ企画もおそらく出てくると思うのでそれもどんなのが出てくるか期待してます
それに会場のすぐ近くの(というか開催しているビルの)森ビルのスカイデッキの景色も開放感もありいい眺めでした

正確には来年がジャンプ20周年、ジャンプ展に伴いこち亀の企画もまだまだ続きそうで期待が持てます(どこかで区切りをつけなくてはとも思ってますが・・・)

40周年もう半年・・・

今年40周年で自分の人生において最大の節目の年になると思って覚悟してたら早いものでもう半年過ぎてしまった・・・
40周年記念関連の発表は色々あったがまだ行われたものはほとんどなく9月以降のものばかり
確かに初掲載は6月で連載が始まったのが9月なのだが

実は自分は今年は年の初めから本職でもプライベートでもこれからの生き方を考えさせられるような重大事件がいくつも立て続けに起こりこち亀のこと意外での出来事でこれまでにない人生の最大の節目の年になってしまった・・・
おかげで9月ごろから始まる数々の40周年のイベントを(いろんな意味で)その時に楽しめる余裕があるかもわからなくなってしまった・・・
あと2ヶ月何とかがんばって40周年を祝いながら楽しみたい、そして自分もやろうとしてることをしたいのだが・・・

しかし今年は芸能人有名人の不倫が目立つ年である
育休議員、新婚番組司会等の有名落語家、バンドのボーカル(バンド名どうりになってしまった)とハーフタレント、日本一有名だっただろう障害者(参議院に立候補予定だった)、主演映画が公開された元グループのソロ歌手(彼もグループ名とソロになってからの芸名どうりに)、今年50周年の日本一有名なバラエティ番組の主要メンバーの落語家(司会が変ったばかりだがこの番組のスタッフ彼にしなくてよかったとほっとしてるかも、いや影ながら知ってて選ばなかったかも)、有名女優の元俳優の夫がラブホテルで覚せい剤を所持しながら(この女優この男のどこに惚れたのか・・・)、ついでに裸芸の一発屋芸人(他の人たちばかりが目立ってもう誰にも注目されず世間から無視されてしまった)・・・この人たちに比べれば自分はまだましか・・・前にも書いたように親しい人の中にも女性関係で問題になった人がいるし
年の始ごろに元プロ野球選手の覚せい剤逮捕、食品流用問題やバス事故といった数年前問題になった出来事が再び起こったりしたのだが・・・

とにもかくにも40周年は後半年(もしくは来年3月)
こち亀にとっても自分にとっても最大の節目であることには変りはない
こち亀はおそらくこれからも続いていくのだろうが自分は大丈夫だろうか・・・

すいません、本当に「時間」がない

ブログを書けずに一月が終わり二月になってしまった
40周年の節目の年だというのに

年をとったせいか時間があっという間に過ぎていく
少し油断しただけで時計の針がどんどん進んでいく
一週間は7日しかなく一ヶ月は4週間しかなく一年は12ヶ月しかない

ここ数年映画を見る本数が爆発的に増えてしまい見るので忙しく他のやりたいことに手が付けられない
「限定公開」も今週更新しようとしたがまだある「花山リカ」の項目があるので変える意味がなくそのままにしてしまった(両さんが猫に変えられた話、天国のマイソウルナンバーでのパニック)
先週の日曜と今日は何とかと思ったのだが花粉症の薬のせいか昼まで寝てしまい、それからたまっていたテレビ番組の録画を見るのに費やしてしまった
最近の出来事やこの前見た「ヤクザと憲法」のことについて書こうと思ったのに

「時は金なり」というが今となってはお金より時間の方が貴重じゃないかなんて思ってしまう時もある
時間は金で買えないし、金があってもそれを使う時間がない
とはいえ時間が増えてもその分時がたつのが早く感じるだけだろうが

本当に年をとるたび時間がなくなる
112巻4話に出てきたように「買うときは今は忙しくてやれないけど暇になったら絶対やるぞと思って買うが、爺になったらめんどくさくて絶対やりゃしないんだ結局全部捨てると思う」とある「場所をとるから大変」「いつも奥さんに汚くて邪魔だから早く捨ててといわれる」
189巻3話でもそんなことが出てきていて「もはや楽しんでやってたら間に合わん毎日仕事のようにやらないと」とある「あーあんなに買うんじゃなかった」と
両さん達はプラモだが自分はゲームである
実は年末年始に見切りをつけて半分以上のゲーム(プレミアムボックス等の初回限定物)や周辺機器(コントローラー)や攻略本(ゲームに関係ない本も)を中古屋やBOOK-OFFの出張買取で売ってしまった
本当にこち亀でも出てくるように収納スペースがなくなってしまい邪魔なだけになってしまったためである
もうやることはないだろうと、残っているものも今はなんかもったいないと思っているがそのうち売ってしまうように思われる、自分は結婚してないので女房に文句を言われることはないが・・・

やはり若い頃は「変らないだろう」と思ってたが人間変ってしまうものである
これは時間感覚が年とともに早くなってしまうのが原因の一つのように思われる
若い頃興味を持ってたりやりたかったことが年とともにやる暇がなくなり自然と興味がなくなっていくのではと

だから「何かを始めるのに年齢など関係ない」なんていうけど自分はそれは間違ってると思う
極めたりやりこみたくてもどんどん時間が過ぎて行く
やりこむ時間もやり続ける気力もない

若い人は本当に注意した方がいい
前にもかいたように年とともに時間がなくなり今好きなことにも興味がなくなっていく
両さんのように色々なことや何か新しいことをするをやる時間は絶対ないし、両さんのように年を取っても子供の時や若いときのままにゲーム等をやりこんだりする好奇心や気力が衰えないことはおそらくない
「気が早すぎる」と思われるかもしれないが年を取ったときのことも考えておいたほうがいい
「年をとっても変らずそのまま」というのはたぶんないから

アニメのこち亀を見終えて

アニメこち亀内容別検索集
アニメこち亀内容別検索集
これを作るために去年の暮ごろからアニメのこち亀を見続けて5月の終わりごろにすべてを見終えることができた
すぐに製作作業にかかりたかったが本業が忙しく結局夏休みを利用してやっと作れた
アニメをすべて見てみた感想としては確かに面白い原作にはないよさもないわけではない
そしてその時の時代背景や世相や流行が出ているような気がする

ただストーリー展開的にも製作過程的にも結構無理が出ている感はないわけではない

アニメでは抑えられてるらしいのだがそれでも両さんがやってることは原作同様かなりあくどい、とても警察官とは思えない
ゴールデンタイムで家族(特に子供)で見るにはきついかもしれない
それに30分だと物語が間延びしてるような(というか原作を無理矢理引き伸ばしてるような)展開になったこともしばしばあった
原作一話分だと昔のアニメがそうだったように15分ぐらいになってしまうのではなかろうか、でも内容的にも今の時代的にも30分2話形式にはしにくかったように思われる(そういえばこち亀より前からアニメになり今も続いてる長寿アニメのほとんどが30分2~3話方式である)
そのためか後半ではオリジナルが多くなっている、確かに20年以上の連載で話数も多いがマニアックな雑学紹介などアニメにできる話は結構限られてしまうのかもしれない
31巻の作者コメント欄でも書かれてるように悔しいが悲しいかな確かに元々アニメにするのに向いてないのかもしれない
(2003年にレギュラー放送が終わってしまったのはその年にBPO(放送倫理・番組向上機構)が設立され表現に対しての規制が厳しくなってしまったのも無関係ではないのかもしれない、アニメこち亀内容別検索集を作ってみたらR指定(セクシーシーン)が思った以上に多かった、そしてアニメの終わりごろになると銭湯にはいってしまうというシーンはあるものの肝心の女湯の中が出てこなかったり男湯だったりした、やはり脚本段階ではかかれてたもののいざ製作となった時に出すのはまずいということになったのかもしれない)

アニメ業界が昔からブラック業界であることはここでも何度か紹介したがこち亀製作現場もそうであったように思われる(138巻4話でハイテク化が進んだものの動画部は昔のままというのが出てた)
残念ながらよく言う作画崩壊という現象がなかったわけではない、海外にも発注してたようでクレジットに外人の名前が載っていた
人件費等がかさんでいってとても製作費用がまかなえなくなってしまったように思われる
(2008年にスペシャル版すらできなくなったのはリーマンショクによる経済破綻の影響も無関係ではないのではなかろうか)

原作との食い違いが色々出てきてしまったのもアニメが終わってしまった原因の一つかもしれない
マリアは原作では本物の女になれたがアニメでは男のままだった、女性になったマリアもアニメで見たかったのだがアニメではそれだとネタ的にも都合が悪かったのかもしれない
そしてマリアが女になれた原因であろう磯鷲早矢は出てこなかった140巻の最初のセル画で出てきてはいるのだが、彼女が出てこなかったのを不満に思ってるのは自分だけではないのではないだろうか、でも彼女は清楚な女性のためアニメに出にくかったのかもしれない
自分としては御堂春が出てこれなかったのが残念に思ってたが元々大阪の地方キャラのためアニメには出にくいキャラなのかもしれない
そして何よりアニメでは両さんが首になりかけると部長や署長や周りの人間がさびしがったりかばったりしてくれてる(アニメの最終回までそうだった)が原作では最初の頃はそうだったが今では本当にいなくなってほしいと思われていて、首をねたに無理を押し付けたりされている(ドラマ版でもそれが最大の問題だったように思われる)

思えば昔テレビはやりたい放題だった
なにせ金をかけまくっていた、バラエティもクイズ番組もセットも豪勢だったし賞品も桁違いだった
今では164巻6話で部長が言ってるように安易になってしまった
表現もひどかった
深夜どころかゴールデンですら女性のヌードが出てたし今では抗議の電話どころか大問題になるようなことでも平気でやってた(犯罪者のインタビューやら隠し撮りやら)洋画のパクリのドラマなんてのもあったし超能力やら心霊現象やらのやらせも平気でやっていた(昔今度パロデイ映画にもなる川口弘探検隊なんてのがあったがアニメのこち亀でも糸井重里が徳川埋蔵金探して結局見つからないなんて)
そういったやり方にいちばん慣れてしまっていたのがフジテレビではなかろうか
前は視聴率一位だったのに規制やら時代の変化についていけず今では「つまらない」と低視聴率にあえいでいる
自分はまさかフジテレビがこんなことになるなんて思っても見なかった、いやあの頃のフジテレビを知ってる人は今の状態になるなんて思いもよらなかったのではなかろうか

自分としてもアニメの新作が見たいとも思うのだが
今こんな状態であるフジテレビではアニメこち亀の復活などとても期待できない
それにテレビアニメも変ってしまった
深夜放送が当たり前でシーズン制になってしまったゴールデンで長くやることはもうないだろう
そういえばアニメも昔はオリジナルアニメが設定を変えてまたテレビでやったりアニメにしてもしょうがないものまでアニメにしてた量もかなり多く華やかだった

アニメのこち亀を見てその頃と今との時代の流れによる変化を改めて痛感した
つまり残念だがアニメのこち亀は今の時代に受け入れられそうにない

(2015.8.30 追記)
そういえばちょっと前韓流ブームなんてのがあったが・・・
自分たちでドラマを作るより韓国のドラマを買ってきたほうが金がかからず面倒でないとの理由とか
確かそれもフジテレビが最初で一番多かったような・・・

それと最近テレビ局が予算がないのは今まで最大のスポンサーだった電力会社が原発事故以降それができなくなり金が入らなくなってしまったというのもあるのではなかろうか

プロバイダー再度変更

自分ごとながらプライベートの都合上再度プロバイダーを変更することになりました
そのため今日から再度自分のメールアドレスが変りました
・・・とは言っても一般的に自分のメルアドを公開してないのでほとんどの人に影響はないと思うのですが・・・

いろんな所のメルアドが必要な登録に伝えないかんのでかなりめんどい
オマケに前回はXboxが変更できなかったけど今回はYouTubeの変更ができない、外国ってこういうモンなのか・・・

今回はすぐだったのでたぶん(つながらないという)迷惑はかかってないと思うのだが・・・
もし何か問題があったらどうもすいませんでした

作品一覧
こち亀を全巻買うか迷っている方
こち亀全巻をもてあましてる方
こち亀のあの話がどこに載っているか知りたい方
必見です!!
今すぐ上の「作品一覧」の中の「こち亀内容別検索集「亀事苑」」をクリック
詳しくは販売ページで
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

大変申し訳ないのですがヤフー知恵袋を利用制限され使えなくなってしまいました 一応自分のページを残してありますが回答をリクエストしても答えられないのでご了承ください
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
サークルプロフィール
タグクラウド
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
ゲームニュース
J-CASTニュース
  • RSS
  • Dlsite blog